2021.12.08更新

こんにちは、小倉北区だるま整骨院ですhand笑う

 

寒くなって、今年は例年の5倍以上ぎっくり腰や寝違えを起こして来院される方がとても多いですehe

 

一つの要因として、コロナ禍においてみなさんの活動量の低下が要因にあると思いますnnn

 

活動量が減ることで、筋肉を使う機会が減ることで筋肉量が減る、関節を動かすことが減ることで動きが硬くなることが考えられますnamida

 

そんな中、寒くなり余計に筋肉が硬くなり、急に動きに体が耐えられなくなっていますgangan

 

この冬もオミクロン株のコロナが流行るかもしれませんgangan

 

しかし、コロナ禍で体を動かさないと、体力も落ち、免疫力も落ちてしまいますgangangan

 

コロナ禍だといって、外に出るなというわけではありませんenen

 

みなさん、運動をしましょうburnburnburnburnburn

 

走るのもいいです、歩くのもいいです、縄跳びやラジオ体操でもいいですsneakersbicycle

 

特に50歳以降の方は筋肉量がとても減りやすくなっていますunun

 

意識的に運動しなければいけない年齢ですuunuun

 

必要な筋肉量、関節の可動域をつけることはとても大事ですnico

 

少しづつでもいいので運動習慣をつけていきましょうgyahand

 

 

 

 

投稿者: だるま整骨院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

だるま整骨院 093-583-7230
footer_inq_sp01.png
footer_inq_sp02.png
いつでもお気軽にお電話ください 093-583-7230 初めての方へ 頑張る部活生必見! スポーツ障害 骨盤矯正 女性特有のお悩み 院内設備 だるまブログ 求人案内 浅川院 高見歯科医院